裏技!コンタクトレンズを安く買う方法 処方箋なんて必要なし!

コンタクトレンズを安く買う方法 裏技編

物価上昇にともない家計に大打撃を与えるのが生活必需品です。

皆さん!コンタクトレンズを無駄に高く買っていないですか?

できるだけ安く購入する方法を教えます!

眼科勤務10年以上の私が出来るだけ安くコンタクトレンズを購入する方法を教えます。

今回は裏技まで教えますので最後まで読んでいただけると幸いです☆

コンタクトレンズを購入する手順

コンタクトレンズを安く買うために適当にネットなどで購入してはいけません。
ネットで購入するのが悪いと言っているのではありません。
まずは安心して使用できるレンズを知る事です。

コンタクトレンズを購入する為に必要なデータ
①レンズの種類

②度数

③レンズのベースカーブ

④レンズのサイズ

①~④のデータが分かればネットや量販店で安く買う事ができます。

この①~④のデータは基本的に眼科で確認します。
そして医師に処方箋を書いてもらえばネットや量販店で安く購入ができます

しかし、最近の眼科はコンタクトレンズの処方箋を発行しているところは非常に少ないのが現状です。

処方箋を発行せず提携したコンタクトレンズ店でのみ購入可能にしている眼科が多いのです。
そういったコンタクトレンズ店は基本的に安くはありません。安くないというより結構高い場合が多いです。

スポンサードリンク

コンタクトレンズを安く買う方法(通常編)

粗悪なコンタクトレンズを安く買って使用するのであれば誰でも分かる事ですが、今回の記事で私が言っている「コンタクトレンズを安く購入する方法」とは、、、

眼科と全く同じレンズを安く購入する方法」です!眼科で処方するレンズ以上に安心して使用できるレンズはないと思います。

処方箋を発行してもらえなければ1度、眼科の指示通りに提携したコンタクトレンズ店で最小単位のコンタクトレンズを購入する。購入したコンタクトレンズにデータが全て載っています。
次回からは全く同じレンズをネットや量販店で買うと非常に安く済みます


コンタクトレンズを安く購入する方法(裏技編)

裏技編が特に重要です!眼科の提携コンタクトレンズ店で最小単位のコンタクトレンズを購入しなくても、眼科で処方した「レンズ商品名」「度数などのデータ」を知る事ができる裏技があります!

それは、眼科で処方される時に今まで使用したレンズと比べてみたいのでテストレンズを左右1枚ずつ欲しいと言えばいいのです。今、テストで付けたレンズはとりあえず外して今までのレンズを着けて帰ります。「家に帰ってから朝から1日着けて試したい。」と言えばよいのです。

試さないと納得してレンズを購入できないのは当然です。

そうすればレンズを1枚ずつくれる眼科は多いです。最低でも1日分を何らかの形で渡してくれます。1日分の費用をとる眼科もあるかもしれませんが1日分です。

そのレンズのラベルにレンズ名とレンズのデータが全て載っています

※メーカーによってはラベルにデータのみでレンズ名が書いていない場合があります。その場合はスタッフさんにレンズ名は何ですか?と聞けば教えてくれます。


まとめ

安心して使用できるコンタクトレンズをいかにして安く手に入れるか、日用必需品として使用する場合、家計と助けるためにも安く購入したですね。

安くても粗悪な物でしたら意味がありまえん。目を痛めて眼科に通うと余計な病院代がかかります。

今回は眼科で処方されるコンタクトレンズを安くていに入れる方法を紹介させていただきました。
参考にしていただけると幸いです。

全く同じ物でしたら安く購入するのがいいですよね。
1箱300円違うだけでも両目で600円です。美味しい定食が食べれそうなお値段ですね(^^♪

なかにはどこで買ってもコンタクトレンズの値段は同じと思っている人も多いようです。

同じ商品でしたら眼科でも量販店でも全く同じレンズです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

口コミはこちらからお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。